ゴシタビ

旅とかデザインとかいろいろ

乃木坂46のライブを初めてアリーナで見ました

f:id:junko_3830:20190226183752j:plain

2019年2月23日、「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE DAY3」に参加してきました。

乃木坂のライブは2018年夏のツアーで初めて行き、今回で2回目。

そんなバスラ3日目の様子を長々と語っていきます。あくまで一ファンの感想文です。けっこう長いです。

 

ちなみにこれが前回のライブの記事です。

junko-3830.hatenablog.com

アイドルに関しては番組を見たり音楽をきいたりすることはあってもライブに行ったり握手をしに行ったりだとかしてこなかったんですがこれで乃木坂のライブも2回目。正確には若様の卒業セレモニーのライブビューイングも行ったのでライブを見るのは3回目か。

握手会はまだ行ったことないですが、順調に乃木オタへの階段を上っている気がします。まさかこの歳で新規で好きになるとは…

 

そんなことは置いておいて本題のライブへ。

今回のライブは乃木坂46の7回目のバースデイを祝ったライブ。略してバスラ。最初聞いたときめちゃこの言い方かっこいいなと思いましたね。

今まで発表した曲を全曲披露するライブです。全177曲ですって。そんなことが出来るのかという感じですがそれを4日間に分けて披露していきます。

そして最終日DAY4は西野七瀬卒業コンサートです。会場はなーちゃんの地元大阪は京セラドーム。

アリーナが当たった

去年の夏のツアーから参戦し始めた乃木坂のライブ。平日のライブには参加できないので今回の土日公演はチャンス。DAY4の卒業コンサートはまあ当たらないだろうと思いつつとりあえず土日両方応募しました。

結果まあDAY4は落選でしたが、DAY3は当選。行くぞバスラ。発券は直前までしていなかったんですが、発券してみるとまさかのアリーナ。これはうれしい。2回目にしてアリーナか。しかし初心者ですので席番を見ただけではあまりこの席がいいのか悪いのかも分からずとりあえず当日の楽しみに。

DAY1とDAY2のセトリを見ながらこの曲やるなとか、4期生何うたうんだろうとか、なーちゃん今日も来るのかとか、いろいろ高めていきます。

前回サイリウムなしで参加して、あった方がいいなと思ったんでとりあえずサイリウムは持って参加。メンバーのカラーとか曲で決まっているカラーとかは覚えられなかったのでそこは少し心配でした。

 

そして当日。

f:id:junko_3830:20190226183811j:plain

卒業を発表したみさ先輩の巨大広告を見に道頓堀に寄り道。

 

f:id:junko_3830:20190226183820j:plain

会場に着き、アリーナにはいるとやっぱでかいなーという印象。

そして自分の席を探しにいくと近づくにつれてこの席はやばいんじゃないかという予感。

 

f:id:junko_3830:20190226183837j:plain

メインステージばっちり。

そして、

f:id:junko_3830:20190226183828j:plain

サイドステージへの花道が真後ろに。これはちょっと良席すぎないか。ここで今年の運使ってしまっているんじゃないかという良席。なんか参戦2回目のグッズもそこまで持っていないぺーぺーがこんなとこ座って古参に怒られそうな席です。

とりあえず開演を待ちます。

しかしトイレと一服行っている間にさゆりんご軍団の新曲披露が終わっていたという運のなさ。今回のライブ遠征は席に全部運が吸われているんじゃないか。行きの電車でもトイレ我慢できなくなって途中下車して遅れるはめなったし。

まあそんなことを言っててもあれなんでライブ楽しみましょう。 

ライブスタート

17時を少し過ぎたころ、ライブ始まりです。

OVERTUREが始まるとこれがやばい。ほぼ会場の中心できくOVERTUREの迫力はすさまじい。もう声ではないです。

そして注目の一曲目。

シングル的にはインフルエンサーの順番だったのですが前日のDAY2で披露してるし他で来るのか、でもやっぱり一曲目は表題曲なのかなと予想しつつ一曲目。

3期生のVTRが映され始まったのは「三番目の風」。そう来るか。今日はやはり3期生が主役の日か。そんな始まりでした。

しかし近い。メンバーが近い。前回のスタンド後方のときはメンバーの判別もできなかったのにメインステージでも全然見えます。

そして2曲目は「風船は生きている」。

アンダー曲の中でも多分個人的に一番好きな曲です。生で見れたうれしさ。

 

M0 OVERTURE
M1 三番目の風
M2 風船は生きている
M3 人生を考えたくなる
M4 当たり障りのない話
M5 意外BREAK

 

「意外BREAK」までやったところでVTRがはいります。

3人組のユニットの映像が次々と紹介され、前回の「ごめんね、スムージー」の映像が流れたところで“この曲は3人で”みたいな振りが。まさかのオリメン?みたいな期待をしてしまいましたがそんなわけないですよね。

普通に入れ替わりで3人でした。めちゃくちゃ思わせぶりな振りしてくるな。

ごめんね、スムージーのあとは「君が扇いでくれた」。

ここでついに自分の真後ろの花道にメンバーが。

来たのは寺田蘭世。握手会がまだの自分にとってはこれが初めて実際に見るメンバー。

とりあえず細い。顔ちっさい。

ほんとテレビで見てるのと何ら変わらず。むしろテレビより実際の方が華奢さも相まって全然かわいいな…

 

M6 ごめんね、スムージー
M7 君が扇いでくれた
M8 満月が消えた
M9 硬い殻のように抱きしめたい
M10 流星ディスコティック
M11 忘却の美学
M12 醜い私
M13 ワタボコリ
M14 思い出ファースト

 

3rdアルバムの曲が続きます。

ここまであまりサイドステージが使われていないイメージ。そんなもんなのかな。

そしてここから逃げ水ブロック。

逃げ水のシングルは好きな曲が多いので楽しみにしていた時間です。

VTRから逃げ水が始まります。

やっぱいい曲だな。しかし、好きな理由のひとつがサビ前の月の光からのサビ入りの部分だったんですけどね、ライブだとそこはお騒ぎタイムになってしまうから残念…

あの静寂からのドラムからのサビが好きだったんですけど。

ただセンターステージで回転しながらパフォーマンスしてくれたおかげでほとんどのメンバーを近くで見ることができました。

さらにうれしいことにそのままその場でMC開始。

円になって外側を向いてメンバーが並んでいたのですが、正面にいたのはみなみちゃん。その後ろには純奈。そのふたり横にゆったん。何のことかと推しの3人を一度で見られたうれしさの報告です。

ほかのメンバーの話の聞き方が人それぞれで見ていて面白いです。

ずっと前だけを見てしっかり話をきいているメンバーもいれば、近くのメンバーとちょくちょく話すメンバー、ファンに手振ってるメンバーとかいろいろ。映像ではしゃべっているメンバーしか抜かれませんから、アリーナで見る良さですね。

 

M16 女は一人じゃ眠れない
M17 泣いたっていいじゃないか?
M18 ひと夏の長さより…
M19 アンダー
M20 ライブ神
M21 未来の答え

M22 不眠症
M23 新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜
M24 まあいいか?
M25 僕の衝動
M26 釣り堀
M27 自惚れビーチ
M28 その女
M29 誰よりそばにいたい

 

その後は、18th 逃げ水ブロック「女は一人じゃ眠れない」からスタート。

後方ステージでのパフォーマンスだったのですが、ステージが異常な高さまで上昇していく。下からは正直何も見れません。

そんな状況の中お気に入り曲の「泣いたっていいじゃないか?」がスタート。

前のモニター見るしかないですね。楽しみにしていた曲だっただけにちょっと残念だったな。

「ライブ神」前には2期生紹介コーナーも。2期生がフィーチャーされるのはうれしい。

不眠症」から 19th いつかできるから今日できるブロックが始まり、「僕の衝動」が終わるとここでなーちゃん登場。

DAY1、DAY2とサプライズで登場していましたが、三日目もきましたね。

その後はアンダーアルバムブロック。

「自惚れビーチ」からまた後方で、ステージが上昇していきます。

振りでメンバーが跳ぶところがあると一緒にステージも揺れているんですよね。あれ絶対怖いやつだ。と思っていたらやはり高所恐怖症のメンバーは外れてたみたいです。

その後、4期生紹介タイムが始まり、そこから4期生が「自分のこと」を熱唱。

目の前に矢久保ちゃんが来ましたがめちゃくちゃ大きく口開けてうたってがんばってました。

 

M30 自分のこと
M31 シンクロニシティ
M32 新しい世界
M33 言霊砲
M34 雲になればいい
M35 スカウトマン
M36 Against

 

そこから20th「シンクロニシティ」と続きます。

やはり「Against」はかっこいいな。

 

M37 ジコチューで行こう!
M38 地球が丸いなら
M39 三角の空き地
M40 あんなに好きだったのに
M41 空扉

 

そしてここから21thジコチューブロック。

飛鳥ちゃんが宙を飛び回っています。観客の上をなかなかの近さと速さで飛んでいきます。

そんな中今まで全然使われなかったサイドステージも使われ目の前をメンバーが走り去っていきます。与田ちゃん小さい…

「あんなに好きだったのに」から「空扉」の流れでは気球に乗った演出とともにメンバーが花道をまわってくれました。

とにかく近い。そしてついにまいやんが目の前に。オーラがありますわ。

センターサークルで躍るとき立ち位置が違ったのか、まいやんがキャプテンを思いっきりどかしててちょっと怖かった。乃木中でも言ってたし全然よくあることだと思うんですけどね、真顔でけっこうな力でどかしてたんでちょっと怖かった。

 

花道をメンバーが通るときは、ファンにとってはアピールのチャンス。

私も手を振ったりはするんですけど、グッズがサイリウムしかなくそういう人は見向きもされないですね。やはりそこはちゃんと自分のグッズを持っている人とかを見つけてメンバーも合図をくれます。隣にいた人は、スケッチブックを持ってそこに「ズッキュンして!」とかいろいろやって欲しいことを書いてアピールしていたんですが、ちゃんとメンバーも見ているんですね。ほとんどのメンバーが答えてくれていました。みなみちゃんがズッキュンをやったときは後ろから女性の悲鳴がきこえてきました。

今までうちわとかいろいろそういうグッズって効果あるのかとか疑問だったんですけど、メンバーは見ています。正直こんなサービスしてくれるのかというくらい答えてくれていました。正直レスとかもらえなくても、とかライブ前に考えていた自分の考えは180℃変わりましたね。あの近さでいたらレス欲しくなりますわ。

近いとメンバータオルを掲げていても反応してくれていましたね。

こんな良位置で見れたのに完全な準備不足。もう少しそういう情報を持っていれば、自作でなんかつくっていったのに。制作系に関しては自信もあるんで。

 

M42 日常
M43 知りたいこと
M44 告白の順番 (秋元真夏桜井玲香中田花奈)
M45 キャラバンは眠らない 

 

ライブに戻ります。

23rdシングル 帰り道は遠回りしたくなるブロックです。

帰り道は絶対4日目のトリだと思っていたので、その通りアンダー曲の「日常」から。

ここまでアンダーの曲は後方ステージが多かったですが、日常はセンターステージ。好きな曲なので近くで見れてよかった。

そして、最後に「キャラバンは眠らない」でライブは終了です。もちろんアンコールはありますが、関心はアンコールで何をやるのか。

 

アンコール1曲目「制服のマネキン」。

やっぱ盛り上がります。やっぱダンスはこっちだなー。前回夏のツアーで見たときはダンスが変わっていたので。

そしてアンコール2曲目、来ました「ガールズルール」。ライブの鉄板曲ですし、自分にとっても一番最初に好きになった乃木坂の曲。全然乃木坂を知らないときに誰かがカラオケで歌っているのをきいてこの曲いいなと思ったほど。

まいやんの煽りからのイントロの盛り上がりが最高です。正直ガールズルールを見れたってだけでもこの日はなんか満足でした。

ガールズルールはメンバーが各ステージを縦横無尽にあいさつにきてくれます。しかも多分フルだったので時間も長い。

4期生もアンコールには参加していて、さくらちゃんめちゃでかいなとか、ひとりでいた賀喜ちゃんにみさ先輩が駆け寄り声をかけていていい先輩だなーとか、琴子めちゃきれいだなとか、真夏さん思ったより頭でかくないなとかいろいろ思いながらも、ついに今日初めて目の前のステージを飛鳥ちゃんが通ります。

飛鳥ちゃん推しの連れはその時点で興奮していました。

しかしそれだけでは終わらず。ちょうどサビにはいり、目の前で止まってジャンプ!

ジャンプの仕方かわいすぎか。その後、なぜか目の前のその場に留まる飛鳥ちゃん。そしてもう一回ジャンプ!何秒いてくれるんだ。サビが終わってもいろいろとファンを探してくれていたので多分計30秒くらいいたんではという感じ。盛りすぎか、体感です。連れは狂喜乱舞してました。

そんなガールズルールが終わり、真夏の全国ツアー 2019のサプライズ発表があり、締めの乃木坂の詩。

 

EN1 制服のマネキン
EN2 ガールズルール

EN3 乃木坂の詩

 

ライブ終了です。

 

まとめ

f:id:junko_3830:20190226183837j:plain

最高でした。結局この言葉になってしまいますね。乃木坂のライブを見ると語彙力がなくなることがわかりました。

正直この位置で見てしまったことでもう他の場所で見れなくなってしまうんではないかという不安。正直アイドルのライブはアイドルの姿が見えてなんぼという感じがします。

空気感を味わった前回の初めてのライブはそれでも楽しかったですが、アリーナで躍っているメンバーを実際に見れる方が何倍も楽しいですね。

というよりこれはハマります。メンバーが近いだけでこの日は喜んでいましたが、実際この会場にいるほとんどの人が握手をしているわけで。

多分こうやってファンはもっとメンバーと近くなりたいとかいろいろ思って握手会に行き、CDをたくさん買って握手を長くしたいとか考えるのかと感じました。

連れが今回モバイル会員になってから初めて応募してこの席があたったんですが、運営側で初心者を近い席に置いてハマらせようなんて策略もあるんではないかとか考えてしまったり。そんなことしてる余裕ないか。

さらに乃木坂にハマりそうな気がします。

 

セトリ的には自分のききたい曲は2日目で多く披露されてしまい3日目どうかなというところでしたが、全然楽しめました。3rdアルバムの曲とかあまり聞き込めてなかったので急いで予習した結果もありました。

サイリウムは、扱いになれていなく色を変更するのに手間取ってしまいましたが、とりあえず推しメンの色にしてあとは全体の雰囲気に合わせておけばおけですね。やはりサイリウムを持っていると手持ち無沙汰にならないというか、持ってて安心する感はありました。

 

アリーナの中でもおそらくかなりの良席で見れた今回、今後こんな席に座れるかはわかりませんが、今回の経験をもとにもう少しメンバーにアピールできるようにできればと思います。

とりあえずまとめもこんなところで。いつもの3倍は長い記事書いてるな。

 

ちなみに次の日のなーちゃんの卒業コンサートはばっちりライブビューイングで見てきました。

f:id:junko_3830:20190226183801j:plain

よかったです。

なーちゃんは終始楽しそうだったなというのが印象でしたね。グダグダなっちゃうのもなーちゃんらしいというか、悔いなく卒業できてよかったです。

最後のかずみんとゆったんのボロ泣きを見てだいぶこちらも涙腺にきました。7年間おつかれさまでした。

 

ということで以上「乃木坂46のライブを初めてアリーナで見ました」でした。

長々と最後まで読んでいただきありがとうございました。