ゴシタビ

旅はごしたい(疲れる)。だからこそおもしろい。

静岡と長野の100円寿司の味が違いすぎてびっくりする

f:id:junko_3830:20190502105003j:plain

こんにちは。

みなさん寿司はお好きでしょうか。

とりあえず好きな食べ物は?と聞かれたら寿司と答えておく私ですが、現在静岡に住んでいる私にとって静岡は最高の環境です。

なんて言ったって魚がうまい!

回転寿司でもスーパーの刺身や寿司でもかなりおいしく、結構な頻度で生魚を口にしています。

そんな私が気づいてしまった。

私地元が長野なのですが、回転寿司のチェーン店でも静岡と長野で味が全然違うことに。

続きを読む

中部横断自動車道が開通したのでどれくらい時間短縮できるのか検証してみた。

こんにちは。

2019年3月10日、山梨と静岡県清水をつなぐ中部横断自動車道が新たに開通しました。

現在静岡に住んでいて地元が長野なわたしは帰省のたびに通っている道なので、今回の開通は非常にありがたい。静岡からスノボに行くときも通る道でもあるので利用機会は多いルートです。

しかし果たして、どこまで前に比べて早く着くことができるのか、今回ゴールデンウィークでの帰省で通る機会ができたので実際どれくらい変わったのか、検証してみました。

開通概要

f:id:junko_3830:20190501131011j:plain

中部横断自動車道は、静岡県清水を起点に、山梨県を通り長野県小諸市までを結ぶ高速道路です。

このうち、今回の開通で静岡と山梨をつなぐ新清水JCT〜富沢ICまでが開通しました。

そして、六郷IC〜下部温泉早川ICまでが同時に開通しました。この区間は無料区間です。

続きを読む

乃木坂知らなくてもデザイン好きならだいたいぜんぶ展行ったらいいよという話 【Part 2】

f:id:junko_3830:20190409231028j:plain

こんにちは。

4月6日(土)ソニーミュージック六本木ミュージアムで行われている「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」へ行ってきました。

 

デザイン誌「MdN」の元編集長がディレクターをしているというこのだいたいぜんぶ展。だいぶ今更感ではありますが、行って来たのでデザインの目線からこの展示会をまとめています。

 

Part 1はこちら、

junko-3830.hatenablog.com

ミュージックビデオへのこだわり

CDジャケットコーナーを抜けると、気づいたら片思いの未公開写真コーナーがあり、メンバーの写真とサインがありました。

その次のコーナーがミュージックビデオのコーナーです。

台本があり、絵コンテがあり、小道具があり、実際にミュージックビデオも流れていました。

一番おもしろかったのは逃げ水のキャラクターデザインの展示。

逃げ水のMVに出てくる登場人物ひとりひとりにちゃんと設定がつけられていて、ビジュアルがちゃんと漫画のキャラクターのように描かれていました。

乃木坂のMVの中でもなかなかの個性的な作品である逃げ水ですが少し理解できた気がします。

 

f:id:junko_3830:20190409230942j:plain

次はサインコーナーということでこれまでにだいたぜんぶ展を訪れたメンバーのサインがずらり。

250点の衣装展示コーナー

f:id:junko_3830:20190409231028j:plain

続きを読む

乃木坂知らなくてもデザイン好きならだいたいぜんぶ展行ったらいいよという話

f:id:junko_3830:20190409231105j:plain

こんにちは。

4月6日(土)ソニーミュージック六本木ミュージアムで行われている「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」へ行ってきました。

その名の通り、乃木坂46の結成からのCDジャケットやミュージックビデオ、衣装など膨大な数のアートワークをだいたいぜんぶ展示している展覧会です。

ソニーミュージック六本木ミュージアムこけら落としとしても1月11日から始まっているこの展覧会。絶対行くとは決めていたもののずるずると行けず3ヶ月、ようやく行くことができました。

 

f:id:junko_3830:20190409231039j:plain

念願のだいたいぜんぶ展、最初にまず感想を言ってしまうと、めちゃ楽しかった。

まあそれは自分の好きなグループメインの展示会がこの規模で行われていればうれしいしたのしいし大好きになるのは当然ですが、もうひとつこの展示会がよかった要員として、デザインの面で非常に興味深い資料が数多く展示されていたことにあります。

クリエイティブな部分でも注目されている乃木坂46。そんな乃木坂のCDやMVができるまでの過程を見ることができるだいたいぜんぶ展。乃木坂を知らない人でもデザインの仕事や現場に興味がある人なら全然楽しむことができ、そして勉強になる展示会でした。

だいたいぜんぶ展のディレクターは「MdN」の編集長

なぜそこまでデザイン性の高い展示会になっているか。その理由がこの展示の企画の指揮をとっているのがなんと「MdN」の編集長なんです。

「MdN」とはデザインとグラフィック専門の情報誌です。デザインに携わっている人なら誰でも知っているであろう有名な雑誌。そんなMdNも平成の終わりとともに休刊してしまったのですが…

実際だいたいぜんぶ展にMdNが関与しているということを知ったのはわりと最近のことで、乃木坂46のプロデューサーでもある今野さんとの対談記事を読んで知りました。

たしかにだいたいぜんぶ展開催前にグッズが発表されたとき、えらいデザインがしっかりしているなとは思ったんです。ライブのグッズとはあきらかに違うデザイン性、ついにグッズのデザインに本格的に力をいれてきたなと。力入れているとかではなかったですね。デザイン&グラフィックの超一流がつくっているデザイン展でした。

 

ということで前置きもここまでに展示会の中へと入っていきます。

 

続きを読む