ゴシタビ

旅とかデザインとかいろいろ

鼎泰豊の夕食と士林夜市【台北旅行#3】

f:id:junko_3830:20181203203458j:plain

こんにちは。

11月に行った台北旅行を紹介中です。

台北到着後、中正紀念堂龍山寺、西門町とまわった後、夕食を食べに鼎泰豊へと向かいます。

 

前回はこちら、 

junko-3830.hatenablog.com

1日目

19:15 鼎泰豊 本店

f:id:junko_3830:20181203203449j:plain

台湾といえば小籠包!

日本にも店舗が多くある小籠包の人気店「鼎泰豊」の本店がこちら台北にあるのでこちらで夕食をいただきます。

お店に着くと店の前には大勢の人だかり。さすが台湾でも大人気のお店です。

f:id:junko_3830:20181203203508j:plain

待ち時間も70分と遊園地のアトラクション級です。

 

なんとか店へと入店し、台北での初食事をいただきます。

f:id:junko_3830:20181203203514j:plain

まずはスタンダードな小籠包です。

分かってはいましたがめちゃ美味しい。思っていたよりも熱くなくすぐ食べれました。

小籠包はもちろんなのですが、一番最初に出てきたしなちくとほうれん草の美味しさに感動しました。ビールのつまみにぴったりな味付けでした。

 

f:id:junko_3830:20181203203521j:plain

ちなみに台北旅行最初のお酒はもちろん台湾ビール。

周りの人は味が薄い薄い言いながら飲んでましたが私はわりと好きな味でした。

 

f:id:junko_3830:20181203203529j:plain

見た目のインパクトがあったので撮ったえび焼売です。

 

コースのメニューは、

小籠包×4、野菜と豚肉入り蒸し餃子×1、エビと豚肉入り蒸し餃子×1、魚入り蒸し餃子×1、えびと豚肉入り焼売×1、玉子と豚肉の千切りのチャーハン、酸辣スープ 、ほうれん草炒め、あん入り小籠包×1

といった感じでした。

前菜からデザートまでハズレなし、やはり台湾一番人気店の味はめちゃくちゃ美味しかったです。ツアーのガイドさんも絶賛してましたしね。

また、料理の出てくるスピードがすごくて食器の回収のスピードもめちゃはやかったです。台湾のお店はだいたいそうらしいですが、食事終わったらすぐ出てねっていうプレッシャーを感じました。

思った以上の料理の量とスピードに制御ができず、気づけば満腹。

大満足な夕食でした。 

 

食後の休憩もなかなかできないくらいのスケジュールで次の場所へ向かいます。

21:00 士林夜市

f:id:junko_3830:20181203203409j:plain

台湾旅行では外せないとどんな情報誌にも書いてある「夜市」です。

お祭りのような賑やかな雰囲気の中屋台が立ち並びます。その中でも台北一の大きさを誇るという「士林夜市」にやってきました。

f:id:junko_3830:20181203203415j:plain

f:id:junko_3830:20181203203429j:plain

夜9時を過ぎていますが、すごい人の数です。

美味しそうな屋台がたくさん並んでいたのですが、なにせさっき夕飯をたらふく食べたばっか、気持ち悪くなるくらい食べてしまってまったく食べ物を買う気分にならなかったので雰囲気を楽しむだけに。うーん、もったいない…

 

f:id:junko_3830:20181203203435j:plain

射的とか輪投げとかゲーム系の屋台も多かったです。

麻雀を使ったゲームの屋台もあって、らしいなーと思いました。 

 

f:id:junko_3830:20181203203354j:plain

f:id:junko_3830:20181203203443j:plain

11月は後半でしたが道端には多くのクリスマスの装飾が。

街を見ていてもけっこうクリスマスに熱心なんだなと感じました。

1時間弱士林夜市を散策し、バスでホテルへと向かいます。

 

f:id:junko_3830:20181203203537j:plain

バスの車窓から表参道が見えます。日本人受け良さそう。

 

ということで旅行の良し悪しを大きく左右するホテルへと向かいます。

ホテルで嫌なことあるとテンション下がりますからね…

続きは次回です。

 

#4はこちら