ゴシタビ

旅とかデザインとかいろいろ

ダッシュでまわるシンガポール動物園【シンガポール旅行#8】

f:id:junko_3830:20181023134706j:plain

こんにちは。

少し前に社員旅行で行ったシンガポール旅行を紹介中です。

シンガポールでの日程の最終日、シンガポール動物園へやってきました。動物園内での団体行動に嫌気がさし、勝手に自由行動を始めてしまうとこから#8はスタートです。

 

前回はこちら、

junko-3830.hatenablog.com

3日目

10:55 自由行動開始

「Splash Safari Show」というアシカショーが終わり、次の象のショーまで30分。その間少し自由時間ということになりましたが、象のショーには間に合わなかったことにしてシンガポール動物園をもっとまわることにしました。

といっても時間は一時間もないし広大なシンガポール動物園。移動は素早く、なるべく速く。

 

f:id:junko_3830:20181024232407j:plain

今いるアシカショーの場所が赤丸のここ。戻ってくる象のショーが青丸のここ。なんて端っこなとこだろう。

とりあえず目指すはマップで見て絶対見たいと思ったコモドドラゴンです。

f:id:junko_3830:20181023134706j:plain

いましたコモドドラゴン。イッテQでのイモトとの競走でも有名な動物です。

生で初めて見ました。日本では今見れないコモドドラゴンなので見れてよかった。過去日本にいたこともあったそうですがレンタルだったりでなかなか継続的には日本にいられないコモドドラゴン

これがトカゲの大きさかっていうくらいでかかった。じっとしているだけだったので動いているところは見れなかったですが、それでも生で見られて満足です。

コモドドラゴンは毒があることで有名で、噛まれたら死です。案内板にも危険のマークが貼られていました。見た目はそんな怖そうな動物にも見えないんですけどね。

f:id:junko_3830:20181023135658j:plain

こちらはたしかコモドドラゴンの子どもでした。

 

コモドドラゴンがいるエリアは、爬虫類が集約されていました。

f:id:junko_3830:20181023141217j:plain

みんなぐったりしてるゾウガメ。

 

f:id:junko_3830:20181023141223j:plain

ちゃんと覚えていないですがこのツチノコみたいな見た目はアオジタトカゲだったか。

 

f:id:junko_3830:20181023140149j:plain

オープン・ズーのおかげで柵がないところではきれいに寄って写真が撮れます。

 

ちょうどiZooに行って爬虫類を好きになり始めたときだったんでこのエリアでめっちゃテンションあがってました。

そのときの記事はこちら、

junko-3830.hatenablog.com

ちなみに最初見たコモドドラゴンですが、iZooが誘致しているとのこと。爬虫類専門の動物園ですし環境はいいはず。わからんけど。ぜひ日本でコモドドラゴンが見れるようになってほしいです。

 

そして爬虫類エリアから先に進むと近くにはこんな動物も。

f:id:junko_3830:20181023142433j:plain

ハダカデバネズミです。

モカワ、ブサカワとして話題になった動物です。

f:id:junko_3830:20181023142429j:plain

思った以上に激しく動いていました。実際見るとキモカワのカワの比率低いんじゃないかと思ったのは自分の主観です。

 

f:id:junko_3830:20181023142933j:plain

ヒョウですかね。

やはりシンガポールは暑いのか、活発に動いている動物が少なかったような…

 

f:id:junko_3830:20181023142940j:plain

テングザルです。

テングは完全に日本の例えだから、海外ではどういう名前なのか。“Proboscis Monkey”というそう。「Proboscis=鼻」でした。そのままですね。

ひとりで歩き回るのが楽しくなって、暑さで汗ダラダラでめっちゃ疲れてましたがまだまだ動物見ていきます。

 

続きは次回!