ゴシタビ

旅とかデザインとかいろいろ

一泊二日で栂池高原へ

f:id:junko_3830:20190116144834j:plain

こんにちは。

先日、1月に入り今シーズン初めてのスノーボードに行ってきました。

毎年スノボに行くのは年に2,3回ほど。

長野県出身ですが、そんな技できるほどうまくないです。

県外で長野県出身ですというと「じゃあスノボプロじゃん。」

これ言われる確率めちゃ多いです。

長野県民だからと言ってみんなやっていることないですからね。実際私もスノボ始めたのは長野県出てからですし。

逆に地元帰って長野県の人に静岡住んでますと言うと「じゃあ毎日サーフィンじゃん」とか言われますけど。サーフィンやったことないです。

…そんなことは置いておいて、今回行ったのは長野県白馬エリアの「栂池高原スキー場」です。「栂池」と書いて“つがいけ”と読みます。

ということで一泊二日で「栂池高原」に行ってきました。

1日目

03:15 静岡発

スノボに行くときの出発はだいたいこのくらい。

起きたのは1時で家を出たのは2時くらい。そこから静岡に行ってレンタカーを借りてなんだかんだで出発は3時過ぎって感じでした。

旅行っぽくていいじゃないですか。一睡もできませんでしたけど。

08:20 栂池高原

なんだかんだ休憩とかしてたら5時間はかかるんですね。久しぶりの白馬でしたが、安曇野ICからこんな時間かかったっけって感じでした。

この日宿泊する宿に車をとめ、着替えを建物内でさせてもらい、ホテルからバスでスキー場へと向かいます。といってもマイクロバスで5分もかからないくらい。

09:30 スノボ開始

f:id:junko_3830:20190116144843j:plain

栂池高原スキー場つきました。リフト券を買い、早速スタート。

リフト一日でクーポン使って4,000円くらい。クーポンは簡単にどこでも手に入れることができます。チケット購入するときもスキー場側もクーポンありきで「何かクーポンはありますか?」と聞かれるのでネットで探したり、スキー場近くのコンビニにクーポンがあったりすることもあるので使うとお得です。

そして栂池高原の魅力はなんと言ってもその広さ。ゴンドラで20分かけて山頂駅に向かいます。途中駅があり、途中下車も途中乗車もできます。

f:id:junko_3830:20190116144834j:plain

縦の長さももちろんですが、横の広さもなかなかすごかったです。

麓に近いところには初心者向けのビギナーエリアというエリアがありました。ビギナーエリアは傾斜も緩く、そして広く、中級者コースからは一回リフトを乗り継がないとビギナーエリアに行けないため、あまりスピードを出してくる人もいないので初心者は安心して練習できる場所でもありました。

そしてゴンドラを上った山頂部の雪はさらさらでふかふか。

すごく滑りやすかったです。普段蓼科とか白樺湖エリアのスキー場に行くことが多く、けっこうガリガリなところも多いのでこの白馬の雪を体感してしまうとなかなか他へ行けなくなりそう。

3時間弱滑りお昼休みです。 

12:20 TSUGABASE

f:id:junko_3830:20190116144828j:plain

お昼休みで立ち寄ったのがこちら、「TSUGABASE」。

すごい雰囲気のいいお店で、立ち飲みバーのような雰囲気で店前には多くの外国人がいました。

f:id:junko_3830:20190116144819j:plain

店の横には足湯も。ブーツを脱ぐのが面倒なので入りはしなかったですけど気になるスポットです。

そして、スキースノボの楽しみと言ったらこれ。

f:id:junko_3830:20190116144811j:plain

ビール!

泊まりで来ていることの一番のメリット。運転手とか関係なしにみんなでのめます。

TSUGABASEには様々な種類のお酒があり、ビールも何種類かありました。

その中でも長野県のクラフトビールだという「キャプテンクロウ」を注文。調子のってラージサイズで注文したらこれがでかい。キャプテンクロウを飲んでみると、まず飲む前の香りがすごい。ビールらしさ全開です。しかし味は香りから予想したほどの苦さはなくスッキリ。それでもなかなか飲み応えのあるずっしりとしたビールで、さすがにビールだけでは飲み干せず、おつまみに信州名物おやきも売っていたので購入。

寝不足で運動して昼間から大量のビールはなかなか酔います。

けっこうお腹にたまりました。その後別のレストランでカレー食べたんですが。

 

そしてその後午後にも2時間半ほどすべりこの日は終了。

ホテルへ戻ります。

17:10 ホテル着

f:id:junko_3830:20190116144900j:plain

この日お世話になったのは「ラ・フォーレ白馬」さん。

チェックイン前から駐車場と更衣室を貸していただき、スキー場まではシャトルバスつき、館内にはボードやスキー板を置いておける部屋もありますのでスキー場利用者にはとてもありがたいホテルでした。

館内はきれいで、夕食のビーフシチューがめちゃ美味しかった。お風呂は天然温泉で、冷えたカラダが芯から温まります。

そして仲間内で行って楽しいのは夜の時間。

f:id:junko_3830:20190116144852j:plain

やっぱスマブラは盛り上がりますよね。眠気もピークなのにやってしまいます。

そんなかんじで次の日です。

2日目

09:30 二日目スノボ開始

二日目も同じく栂池高原スキー場で滑ります。

この日は三連休の中日ということで前日より全然混んでいました。

ゴンドラへ乗るのに30分以上列に並ぶことに。やはり白馬は混むんだと再実感。

雪質は上まで行くと大丈夫なのですが、下ってくるにつれて少し固いかなという印象でした。

二日目も15時くらいまでたっぷり滑り帰路へ。

最後の最後にビンディングが一部壊れたのがショックでしたが…

16:00 みみずくの湯

f:id:junko_3830:20190116144926j:plain

やはりスノボの後は温泉に行きたいと銭湯へ。

「白馬 日帰り温泉」で調べて上位に出てきた「みみずくの湯」へ。

f:id:junko_3830:20190116144917j:plain

そんなに大きい施設ではないんだなと思いつつ、中に入ると料金は600円とリーズナブル。

そして温泉に入ると注目すべきはその泉質でした。

アルカリ性のお湯ということでなかなかのヌルヌル系。女性に人気のありそうな美肌に効果のある温泉ですね。露天風呂からは白馬の山が一望でき、お湯の温度もちょうどよく非常にゆったりできる温泉でした。

時間的にスキー場帰りの人が多く少し混んでいましたが、ゆっくり入ればスノボの疲れも癒されます。

ということで温泉でスッキリしあとは静岡へ帰るだけです。

22:00 静岡着

静岡到着しました。17時に温泉を出てついたのは22時。

やはり静岡から白馬の所要時間は5時間ですね。

レンタカーを返し焼き肉を食べて帰宅しました。

 

 

 

ということで栂池高原スキー場行ってきました。

ビンディングも壊れてしまい今年また行くかはわかりませんが、やはりスノボは楽しいなという印象。また行ったときは更新します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。